hp1
3377086_m

手洗い判定

飲食店の衛生管理において重要な対策の1つとして、「従業員の手洗い」があります。繰返しの指導や定期的なチェックなど、時間を掛けながら従業員に意識付けがなされる一方で、今後進むであろう雇用の短期化に伴う教育頻度の増加や、外国人労働者に対する指導の徹底など、これまでの画一的なやり方では対応が難しい実情を抱えています。

人の所作はそれぞれ特徴が出ることが多く、従来の教育・啓蒙活動などでは所作の平均化に限界があります。そこでNSD先端技術研究所では、手の洗い方を動画像から解析し、模範手洗い画像との比較により得点化することで手の洗い方を統一するソリューションを作成、実証実験を進めています。飲食店をはじめとして、病院や福祉施設などにおける活用を検討しています。

 

AIを活用した画像解析による手指消毒支援アプリ:手指消毒ナビ はこちら

異常検知

ベルトコンベアで流れてくる商品に印字された文字の「漏れ」や「かすれ」を、人が目視で検品するのには限度があり、見落としも発生します。そこでNSD先端技術研究所では、次の作業工程に進むまでのわずかな間に、印字部分を撮影した画像を用いて瞬時に印字ミスを判定し、アラートをあげるシステムを構築しました。商品の外装パッケージのロット番号や製造番号、賞味期限等の印字ミスを画像認識を用いて検出することができます。人手を削減するための方策として、また、検品漏れによる、商品回収リスクへの対策として活用できます。

【テーマ】